risk皆さん、リスクとは何か分かりますか?

「リスク」=「危険がある」

と思われている方も多いかと思いますが、経済学や資産運用などで使われている「リスク」とは少し異なります。

リスクとは?

経済学や資産運用などで使われている「リスク」とは「結果にばらつきがある事」とされます。

例として、崖から落ちた場合、リスクがあると言えるでしょうか?

答えは「ノー」です。なぜなら、ほぼ確実に死んでしまうからです。結果はほぼ確定しています。

では、次の例として、通常毎月25万円の給料がもらえるとします。その状況で、ジャンケンに買ったら50万円になる。でも負けたら0円とした場合、リスクがあると言えるでしょうか?

答えは「イエス」です。なぜなら、50万円もらえる時と0円になってしまう時があり、結果がひとつではないからです。こういうケースをリスクがあるというのです。

ちなみに、毎月25万円の給料が必ずもらえるケースと上の例のジャンケンをするケースでは、期待値としては同じ25万円になりますが、前者は「リスクはない」、後者は「リスクがある」となります。つまり、前者の方がリスクを抑えてリターンを得ることが出来ると言うことが出来ます。

金融商品・不動産投資のリスクとリターンの関係

risk_return

金融商品・不動産投資のリスクとリターンの関係

では実際の金融商品や不動産投資のリスクとリターンの関係はどうなっているでしょうか?

各金融商品、不動産投資のリスクとリターンの値は集計する期間によって多少異なりますが、一般的に上記のような図(イメージ)の関係になります。ご存知の通りマイナス金利の影響で、普通預金は金利は0.001%で、リスクは小さい(元本割れしない)ですがリターンもほんのわずかしかありません。いわゆるローリスク・ローリターンの金融商品です。一方株式投資やFXはリスクも大きいですが、リターンも高い金融商品になります。ハイリスク・ハイリターンの商品と言えます。

同じ種類の金融商品(債権、リート・不動産、株式)で国内と海外で比べた場合、海外の方リスクもリターンも大きくなっています。それは、商品自体のリスク・リターンに加えて、為替リスク・リターンが加わっているためです。

正しいリスクとリターンの関係は

先程の図を見て頂けると、どの金融商品・不動産投資もリスクとリターンが比例している傾向にあることが分かります。世の中には、ローリスク・ハイリターンの投資は存在しません。もしローリスク・ハイリターンを謳っている投資があるとしたら、それはほぼ間違いなく詐欺だと考えることが出来ます。一方ハイリスク・ローリターンの場合どうかというと、その投資は単に、売り手が大きく儲けている商品だと言えます。残念ながら、世の中にはそのような投資商品が出回っていますので、注意が必要です。

繰り返しになりますが、投資する価値のある金融商品・不動産投資は、リスクとリターンが正しく比例しています。自分が許容できるリスクの範囲の中で、しっかりリターンを得ることが出来る(可能性がある)投資先を選んでいきましょう。