olympic独り言です。

リオオリンピックが昨日閉幕しました。

個人的には、女子卓球団体3位決定戦が一番印象に残りました。

日本のメダル数は過去最高の41個だそうです。素晴らしことだと思いますし、4年後の東京オリンピックに弾みがついたのではないでしょうか。

メダル数が過去最高ということで、ふと思たことがあります。

オリンピックは「ゼロ・サム・ゲーム」か?ということです。

リオオリンピック全体のメダル数が過去のオリンピックと同じであるという前提ですが、日本のメダル数が増えた分、どこかの国のメダル数は少なくなったはずです。

前回「「投資」と「投機」の根本的な違い」というテーマで、「投資」と「投機」の根本的な違いは「ゼロ・サム・ゲーム」かどうかであるというお話しをしましたが、オリンピックは「ゼロ・サム・ゲーム」でしょうか?

単純なメダルの数の話であればオリンピックは「ゼロ・サム・ゲーム」です。しかし、それによって「付加価値」が創造されるのであれば、「非ゼロ・サム・ゲーム」とも言えます。

考えた結果、オリンピックの「付加価値」とは、記録・技術ではないでしょうか?

例えば、今回、陸上男子100mでウサイン・ボルト選手が史上初3大会連続の金メダルを獲得しましたが、残念ながら世界新記録はでませんでした。しかし、「男子100メートル競走世界記録の推移」を参照すると、世界記録は徐々に更新されていることが分かります。それが「付加価値」と言えると思います。

卓球や柔道なども、技術は向上しているはずです。客観的なデータはありませんが、もし、何十年前のオリンピックチャンピオンと今回のオリンピックチャンピオンが戦ったとしたら、きっと今回のオリンピックチャンピオンが勝つのではないでしょうか。

以上、独り言でした。